こんにちは、ひとまち物語工房のはっとりです。

新しい仕事、新しい暮らしが始まって、なかなか過酷な日々を送っています。

新たな職場では、3月末に退職する先輩方から業務の引き継ぎを受けています。
早くしっかりと業務を引き継ぎたいという思いで、矢継ぎ早に先輩方からの業務指示が飛びますが、機敏な反応が出来ず、どうすればいいのだろうと考えながら動こうとした途端に次の指示が飛んできて、動こうとすると元の指示に戻って、何をどこまでやったか思い出そうと焦って、焦れば焦るほど体が思うように動かなくて…、先輩方の大きなため息。
そんなことを毎日繰り返しています。

先輩方には「このグズ、使えない奴!」と思われているんだろうなという空気が感じられて辛いです。
これまで僕が就労支援で関わらせていただいた就職が少し難しい子たちもきっとこんな辛い思いをいっぱいしたんだろうな。
毎日毎日「ダメな自分、できない自分」を突きつけられます。

それに加えて、暮らしもなかなか過酷です。
古くて安い団地に入居したら、給湯器が使えなかったり、風呂のシャワーがチョロチョロとしか出なかったり、トイレの水を一度流すといつまでも止まらなくなったり、洗濯機の給水の蛇口が水漏れして、洗濯ができなくて、という状況です。
IMG_8071
IMG_8070
IMG_8069

まだ寒いこの時期に、下手にチョロチョロとしか出ないシャワーを浴びて、風邪をひいては大変なので、我慢しております。
でももうそろそろ限界(T_T)
シャワーも浴びれず、洗濯もできず、体が臭いんじゃないかと心配しています。職場や職場を訪れるお客様にもご迷惑をかけているかもしれません。
ごめんなさい。

どうしたらいいのかわからないけど、
一日も早く社会人として最低限の生活を送れるようになりたいです。