ひとまち物語工房

キャリアカウンセリングとまちづくりの仕事をしている「ひとまち物語工房」の働き方や暮らし方を綴ります。

2019年03月

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

世間はすっかり春のようですね。

きのうは、OPEN STREET FUKUYAMAの公開企画会議へ向けてのミーティングでした。

 

協力いただいている福山市立大学の学生さんたちも来てくださり、第1回公開企画会議へ向けて、進行表と当日使うパワーポイント資料を見ていただきました。

 openstreet4-1

情報共有からはじめて、このプレジェクトへの思いが語られ、会議はスムースに進み、当日の進行についてもほぼ固まりました。

楽しくなりそうですよ。

公開企画会議はどなたでもご参加いただけます。
 
4月13日(土)14:00〜リム・ふくやま7階 ものづくり交流館セミナールームAにお越しください。

公開会議は全部で5回開かれます。

第2回は5月11日(土)、第3回は5月25日(土)、第4回は6月15日(土)、第5回は7月13日(土)の予定です。

 

5回にわたる公開企画会議のファシリテーターを僕が務めさせていただきます。 

楽しい場をつくれるように頑張ります。
たくさんの方に来ていただきたいなと思います。
 

 openstreet


そして、昨夜の会議終了後は有志で立ち飲み屋へ。

飲むうちに「ネットで物が買える時代に、これからの商業施設はコミュニティが必要」というお話も聞けて、コミュニティづくりもお手伝いさせていただけそうです。

楽しくて嬉しくて、お酒も美味しくて、ついつい飲み過ぎてしまいました。

 

で、きょうは久しぶりに二日酔い。
頭が重い、体も重い。 

いいお天気なのに、桜も咲いているだろうに、部屋から一歩も出ることなく、ゆるゆるとお仕事してます。


明日から新年度、しっかり頑張るぞー!

春の陽気に誘われて、恋もしたいなぁ。

恋人募集中です。
 

また、あした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

早いものでもう1週間前となりました。

46日のファシリテーション・カフェのお知らせです。

 

ファシリテーション・カフェは、ラボラトリー形式の体験学習を通して、ファシリテーションの様々な要素を、毎月テーマを決めて学んでいきます。

 

これまでに取り組んだテーマは、対話、合意形成、ファシリテーターの役割、グループプロセス、アイスブレーク。

 

毎回グループワークを体験いただいて、そこで起こったことをふりかえり、学びに変えていきます。

これを体験学習法といいます。

 

ラボラトリーは、実験室という意味ですが、グループワークの中で様々な関わり方の実験をしてみることができます。

普段の自分でかかわってみたり、少し勇気をふるっていつもとは違う自分のかかわり方を試してみたり…。

失敗もOK

 

どんなテーマにするかは、いつも直前まで悩んでいるのですが、今回はもう決めました。

アイデア出しの会議をやってみようと思います。

 

付箋を使って、アイデアを出して、出てきたアイデアをグルーピングして、発表するというプロセスをファシリテートすることをグループワークで学んでみましょう。

 

楽しみながら学ぶ場にしたいと思っています。

みなさまお誘いあわせてお越しくださいね。

facilitationcafe6

 
 

日 時:201946日(土)17:3019:30

場 所:リム・ふくやま2しんぐうカフェ

     https://www.facebook.com/shinguucafe/

参加費:2,500円(1ドリンク付き)

定 員:16名(申し込み先着順)

お申し込み、お問い合わせ:

  https://www.facebook.com/events/323724691826271/  

  Facebookイベントページへのコメントまたはメッセンジャーにて参加表明を

  お願いします。

ファシリテーター:ひとまち物語工房 主宰 服部正志

      (ワークショップデザイナー、キャリアコンサルタント)

内 容:

 「ファシリテーションって何?」という方からすでにファシリテーターとして活躍している方まで、いろんな分野の方と一緒に、場づくりについて、ともに学び合えたらと思います。

 学びのテーマは以下のようなものを考えています。この中から毎回少しずつ取り組んでいます。

  ・アイスブレーク   ・ファシリテーターの役割

  ・ファシリテーターのコミュニケーションスキル

  ・メンバーやグループの成長を促すフィードバック

  ・グループプロセス  ・ファシリテーショングラフィック

  ・対話(ワールドカフェ、OST)  ・合意形成

  ・場づくりのデザイン  ・会議ファシリテーション etc.

今回は、アイデア出し会議のファシリテーションをテーマにします。

 

今回、このテーマにしたわけは、413日にOPEN STREET FUKUYAMAというプロジェクトの公開企画会議があり、ファシリテーション・カフェで学んだことをここで実践できると思ったからです。

 openstreet

今回ご参加いただく方で、もし興味があってスケジュールの合う方がいれば、この公開会議でぜひ実践してみましょう。

公開会議は5回あります、1回だけでもいいのでご参加ご検討ください。

 

あ、この会議の全体のファシリテーションは僕が担当するので、安心してご参加くださいね。(^o^)v

 
 

ではまた、あした。(^o^)

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

桜の蕾が一気にほころび始めましたね。

 IMG_6800

とりあえずきょうで今年度のお仕事は終了でした。

無事に今年度を終えて、新しい年度を迎えられることを祝って、頑張ったご褒美も兼ねて、尾道でランチして来ました。

 

暖かくなってきて、駅舎も新しくなって、近頃の尾道は、人通りも多くなってきました。

尾道ラーメンの人気店にはあちこちで行列ができています。

 

そこで以前、知り合いに教えてもらっていた穴場のお店へ。

商店街の中心の通りから少し路地に入ったところにあるお店なので、いつもは商店街の通りに案内の看板を出しているのですが、きょうは人が多いことを見越してか、看板が出ていなくて、お休みかなと思いつつ路地に入っていくと、提灯が出ていました。
 

カウンター7席だけの小さなおしゃれなお店。

BGMはアフリカの音楽??

前からいた客がみんな出て、僕ひとり。

 IMG_6809

尾道ラーメンとはうたっていないのですが(そもそも何が尾道ラーメンなのかもわかっていない僕ですが…)、とてもおいしいラーメンをいただきました。

きょうはこの後、人と会う予定もなかったので、昼間っからビールを注文してしまいました。

 

さらにシュッとした感じの店主のお勧めでポテトサラダも注文してしまいました。

これもお勧めするだけのことはあって、とてもおいしかったです。

 

煮卵がついていて、それを潰してポテトサラダに混ぜ込んで食べるとのこと。

新しい発見でした。

僕も自分でポテトサラダは作るけど、それとはまったくの別物でした。

ポテトサラダ自体のおいしさの謎は聞かなかったけど、今度機会があれば聞いてみようかな。(^o^)

 IMG_6807

これがいまの僕にできる最高の贅沢かもしれないなと思いながら幸せな気持ちになりました。

 

時間的にも空間的にもとても幸せに満ちた感覚。

昼間からビールが飲める幸せ。

尾道という素敵なまちのお店で食事ができる幸せ。

そして美味しいラーメンが食べられて、至福の時。

 

でもやっぱり一緒に食べる人がいればいいのになと思ってしまう。

 

そんなことを思いながらラーメンをすすっていると、店の隅の扉からお腹の大きな奥さんらしき人が出てきて、目を合わせて「いらっしゃいませ」と声をかけてくれました。

なんだか店主と似た空気感の人。似たもの夫婦?(^o^)

 

そして二人の会話。

妻「ごま油をどうしようかと思ってるんだけど」

店主「500ml入れて、そこから少しずつ様子を見て増やしていったら?」

妻「そこを見ていて欲しいんだけど…」

 

何のことかはわからないけど、二人の関係性やお店や料理にかける思いとかが少し垣間見えたような、見えていないような?

でもなんだかほほえましくて、嬉しい気持ちになりました。

 

幸せな気持ちになってランチを終えて、商店街を歩いていると、なんだか幸せそうなカップルがたくさん歩いていて…。

寂しくなって、ひっそりと部屋に帰って仕事をしました。

 

ほかにすることないんか〜い。

ないです………。(T_T)

 

だれかこんな僕を救ってください。

 

またあした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

きょうはまた書くネタに困っているので(笑)、ファシリテーションシリーズをお送りします。(^o^);;

 

僕がファシリテーターとして場をつくる時に大切にしていることのひとつに“みんなで場をつくる”ということがあります。

 

それは、その場に参加する一人一人が、その場の目的や目標を共有して、互いを尊重して、みんなで力を合わせて場をつくっていけるようにしたいということです。

みんなが主体的にかかわり合う場をつくりたいと思います。

 IMG_6796

そして、そんな僕の場のつくり方を支える考え方がシェアード・リーダーシップの考え方です。

ファシリテーター型リーダーシップと言ってもいいかもしれません。

 

リーダーシップというと、カリスマ的なリーダーがメンバーを率いて導いていくようなことを思い浮かべる方もいると思います。

リーダーたるものはメンバーの信頼を集めて一人でチームを率いていかねばならないというような考え方もあったかもしれません。

 

でもそんなカリスマ的なリーダーはどこにでも現れるわけではありません。

それでもチームをうまく動かしていくためには、リーダーシップの役割をメンバーみんなで分かち合って果たしていけばいいというのが、シェアード・リーダーシップの考え方だと思います。

 

チームを動かすリーダーシップには、さまざまな役割(機能)があります。

大きくはタスク機能とヒューマン機能の二つに分かれます。

 

タスク機能は、仕事を前に進めるのに直接関係する機能で、目標の明確化、仕事の進め方の提案、情報共有、意見の要約、意思決定、時間管理などがあります。

 

ヒューマン機能は、人間関係に関する機能で、メンバーの参加促進やコミュニケーションの促進、感情の確認、対立や葛藤の調整、チームの規範への働きかけ、雰囲気づくりなどがあります。

 

そして、これらの機能をファシリテーターやリーダーが一人で担うのではなく、メンバー間で分かち合って役割を果たし、チームを動かしていけばいいのです。

 

チームに足りない機能があれば、まずは自分ができる役割を果たしてみる、あるいは誰か得意な人に振る、誰も得意な人がいなければ、チームみんなで話し合って対策を考えるようにすればどうでしょう。

 

ファシリテーションを学びはじめた頃、ファシリテーターが一人で頑張ってなんとか場を回していかなければと思っていた僕にとって、目から鱗の考え方でした。

この考え方に出会えたおかげで、無口で頼りない僕でもファシリテーターでいることができるようになりました。(笑)

 

またあした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

きょうは、OPEN STREET FUKUYAMA公開企画会議のお知らせをさせてください。

 

OPEN STREET FUKUYAMAは、広島県福山市の中心市街地、福山駅前での人の交流や憩いの場の提供を通して、新たな賑わい創出や回遊性の向上を図ることを目的に、歩道空間を活用して実施する社会実験です。

https://osfukuyama.amebaownd.com

 

昨年、僕が福山へ引っ越して来た当初にボランティアで関わらせていただいて、その時に知り合った方々に助けられて、いまの僕があります。

 

今年は105日(土)6日(日)の2日間で開催されます。

当日はオープンカフェやマーケット、ワークショップなどを開いて、賑わいの創出に挑戦します。

 

そして、それに向けて、このプロジェクトの企画会議が公開で行われます。

この2日間に実施するアクティビティをみんなで考え、話し合って、創り上げていきます。

 openstreet

413日(土)から5回にわたって開かれるこの公開企画会議は、どなたでも参加可能です。

予約も参加費もいりません。

 

たくさんの方にご参加いただいて、楽しい企画を創り上げたいと思います。

 

僕は今回、この公開企画会議の企画チームに加えていただいて、公開企画会議の進行を考えさせていただいています。

福山へ来て、1年足らずでこのようなチームに参加させていただけて、とても嬉しいです。

 

一緒に楽しい企画を創りませんか?

公開企画会議でお会いしましょう!

 

お問い合わせは、OPEN STREET FUKUYAMA 公開企画会議実行委員会

Tel 084-922-3388 (アイネスフクヤマ事務所)まで。

ご参加お待ちしています。

 

 

またあした。(^o^)v

↑このページのトップヘ