ひとまち物語工房

キャリアカウンセリングとまちづくりの仕事をしている「ひとまち物語工房」の働き方や暮らし方を綴ります。

2019年02月

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

最近の世の中は便利になったのう。

テレビ電話ができよるんよのう。

 

で、今夜は先日、鞆の浦でデートした彼女とMessengerのビデオチャット機能を使って、ビデオデートでした。

 

一緒にしたいねという気持ちを共有して、でも少し互いの違う部分を確かめ合いながら、言葉を探して気持ちを伝え合って、いい気持ちになりました。

 

あ、でも、わいせつなことはしてません。^^

 

彼女と知り合って、もう10年近くになります。

それほど頻繁に会うこともなく、でも時々ゆっくりと飲みながら語り合ったり、一緒に仕事をすることもあったりして、僕が福山に来たわけも知ってくれていて、先日は福山まで訪ねて来てくれたりして、素直な気持ちで話せる大切な人です。

 

実は今回ビデオチャットで話し合ったのは、艶っぽい話ではなく、互いのこれからの仕事にかかわること。

 

彼女の僕への気持ちを受けとめつつ、でもまだ自分の仕事がその気持ちに応えられるレベルに達していないことに気づかされたり、彼女の提案に応えられるようになりたいと思ったり。

 

そして、一緒に仕事がしたいねという気持ちは共有できていて、互いの思いの違いを話し合って確かめ合い、言葉を探して気持ちを伝え合ううちにわかり合えて、すっきりしました。


まあ、彼女はこれはデートではないと言い張りますが…。^^

これからも素直に気持ちを伝え合いながら、かかわり合えるように思います。


自分の仕事を創って、思いを共有して一緒に仕事をする仲間を増やしていきたいと思いました。

仲間を増やしていける仕事量を創り出していきたいと思います。

 IMG_6634

とても刺激的ないい夜でした。

ありがとう!

 

また、あした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

ここ数日、「幸せのアンテナ」というタイトルで記事を書かせていただいて、なんかしっくりこない感覚を感じています。

でもそれが何なのかをちゃんと言葉にできなくて…、

 

僕の幸せって何なんだろうということに迫りたくて、試行錯誤しながら考えて、その試行錯誤の過程を書こうと書いてはみたものの、なんか違うと思ってしまっています。

 

幸せのアンテナの感度を上げて、いま自分のまわりにある幸せに気づくことは大切かもしれないけど、でもそれだけで満足したくない自分もいます。

 

いま僕は十分幸せなのかもしれません。

恵まれない境遇に四苦八苦して七転八倒している人と比べれば、幸せすぎるかもしれません。

 

でもそんないまの幸せに満足できていない自分がいます。

幸せは誰かとの比較の中にあるのでしょうか?

自分より不幸な人がいることが幸せなのでしょうか?

そうではないと思います。

 

じゃあ何かめざすものがあるのかと言われると、そうでもないのです。

 

では、何も望むものはないのかというとこれも違う。

いま僕が望むものは、これからの人生をともに生きてくれるパートナー。

それが、いまの僕に足りないもの。

 

足りないものを手に入れることが幸せなんだろうか?

それで幸せになれるんだろうか?

 

自分の欲を満たすことが幸せでしょうか?

 

幸せはどこにあるのでしょう?

たぶん自分の中にあるのでしょう。

自分の中に育むものなのでしょう。

 

自分だけ幸せになればそれでいいのでしょうか?

自分だけの幸せなんてありえないのかもしれません。

 

人とのつながりの中に幸せはあるのでしょうか?

 

あ〜なんだかもやもやぐるぐる。

 

なんでこんなこと考えてんだろう?
どうしたら幸せになれるんじゃろう?
 

 IMG_6633

きょうはもう寝ます。

おやすみなさい。

 

また、あした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

きのうは、記事を書きかけたものの途中で睡魔に襲われて、中途半端に終わってしまったので、きょうはあらためて続きを書こうと思います。

 

辛いことや嫌なことがあっても前を向いて生きていくために、日常生活の中にささいな幸せを見出す感性が「幸せのアンテナ」です。

 

幸せのアンテナは外界に向かって立っていて、幸せを探索していますが、その感知機能は自分の内側にあります。

 

そしてアンテナの感度は人によって違っています。

 

(昨日はここまで書いて力尽きました。)

 

ただきょうも朝目が覚めたことに幸せを感じる人もいれば、

健康でいられることに幸せを感じる人もいれば、

美しい景色を見ることに幸せを感じる人もいれば、

誰かと仲良く暮らせることに幸せを感じる人もいれば、

超ラッキなー出来事が起こらなければ幸せを感じられない人もいるかもしれません。

 

何に幸せを感知するかは、その人の経験や境遇や価値観によって違ってくるのかもしれません。

確かにその人の境遇や経験がアンテナの感度に影響を与える部分があるでしょう。

 

とても辛い境遇で育った人は、幸せを感じることができなくなるのでしょうか。

とても辛い境遇で育ったからこそ、小さな出来事に幸せを感じることができる人もいるかもしれません。

 

みんな同じ感性で、標準値があるなんてことはありません。

それぞれに自分の感性が当たり前と思ってしまっているかもしれません。

 

でも自分のアンテナの感度は、自分で調整できるのだろうと思います。

たくさん幸せを感知するアンテナになるように磨きをかけたいと思います。

 

時々、自分の幸せって何だろうと考えます。

なかなかすぐに答えが見つかりません。

それなのに就労支援の仕事の中でかかわる人の幸せを一緒に考えたりしています。

 

自分の幸せが何かという答えを見つける前に、いま自分は何に幸せを感じているのかをふりかえってみるのもいいかなと思いました。

 

日々の暮らしを味わいながら、幸せの感度をあげていこうと思います。

何かをめざして幸せを手に入れるのではなく、まずはいま手元にある幸せをしっかりつかまえて、味わうことをしようと、ここ数日思っています。

 

ここ数日の間に少し不安な出来事やうまくいかない出来事に出会ったからかもしれません。

先日観た映画の影響かもしれません。

 

いま僕のまわりにあるものや起こることが、当たり前と思わずに、幸せを感じていこうと思います。

まずは自分の幸せのアンテナの感度を確認して、その先にめざしたい幸せの姿が描けるのかもしれません。

IMG_6630

また、あした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

数日前に「幸せのアンテナ」という記事を書きました。

きょうはその続編です。

 

幸せのアンテナは、辛いことも嫌なこともたくさんある日常の中にあっても、めげずに生きていくために、日常の中のささいな幸せを見つけ出すためのアンテナです。

 

幸せのアンテナは外界に向かって立っていて、幸せを探索しています。

でもそのアンテナの感知機能を司る装置は自分の内側にあります。

 

何を幸せに感じるのか、どの程度のことなら幸せと判定するのかを決めるのは自分の価値観や感受性だと思います。

 

アンテナの感度は人によって違います。

 

 

ん〜きょうはもう思考が働きません。

書き進められない。

ごめんなさい。

 
IMG_6614

 

 

またあした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

あっという間に2月も終わりに近づき、3月のファシリテーション・カフェがもう1週間後に迫ってきたので、あらためてお知らせです。

月に1回のペースで、体験学習で楽しく学ぶ場づくりの勉強会を開かせていただいています。

 

ファシリテーションをカフェで気楽にお茶を飲みながら、少しずつ学び合い、職場やまちの中に、対話を通して納得解を見出す場づくりをする仲間を増やしていきたいと思います。

 IMG_6091

アイスブレイク、ファシリテーターの役割、ファシリテーターのコミュニケーションスキル、メンバーやグループの成長を促すフィードバック、グループプロセス、ファシリテーショングラフィック、対話、合意形成、場づくりのデザイン、会議ファシリテーションなどのテーマの中から毎月ひとつずつ取り上げて、グループワークで学んでいます。

 

日 時:201933日(日)15:3017:30

場 所:リム・ふくやま2しんぐうカフェ

    https://www.facebook.com/shinguucafe/

参加費:2,500円(1ドリンク付き)

定 員:16名(申し込み先着順)

お申し込み、お問い合わせ:

 https://www.facebook.com/events/431585104047203/  

 Facebookイベントページへのコメントまたはメッセンジャーにて

 参加表明をお願いします。

ファシリテーター:ひとまち物語工房 主宰 服部正志

     (ワークショップデザイナー、キャリアコンサルタント)

内 容:

「ファシリテーションって何?」という方からすでにファシリテーターとして活躍している方まで、いろんな分野の方と一緒に、場づくりについて、ともに学び合えたらと思います。

 

 facilitationcafe5

 

毎回新たにご参加いただく方もリピーターとなってご参加いただける方もいて、多様なメンバーで楽しく語りながら学んでいます。

 

ファシリテーターというと前に出て会議を仕切る人というイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、そればかりがファシリテーターのあり方ではありませんし、僕もどちらかというと引っ込み思案でおとなしい人なので、人前に出て仕切るのは苦手です。

でもファシリテーションの機能を少しずつ理解していくと、誰にでもその人らしさを活かしたファシリテーションのしかたがあるんだと思います。

この勉強会の中で、互いに語り合うことでその人らしさに気づき、その人らしいファシリテーションができるようになるといいなと思っています。

 

どうしようかなと迷ってらっしゃる方、怖がらずにお友達もお誘いあわせて、ご参加くださいね。^^

 

では、またあした。

 

あ、ファシリテーション・カフェは来週の日曜日ですよ。

↑このページのトップヘ