ひとまち物語工房

キャリアカウンセリングとまちづくりの仕事をしている「ひとまち物語工房」の働き方や暮らし方を綴ります。

2018年10月

 こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

きょうはイベントのお知らせです。

今年の8月に福山市ものづくり交流館で開催したファシリテーション基礎講座にご参加いただいた方々から、ファシリテーションを継続して学ぶ場をつくって欲しいというご要望をいただいていて、プログラムは考えたもののなかなかスケジュール調整ができずにいました。

先日、その時の参加者のお一人とばったり出会って、「まだやらないん ですかぁ?」と言われてしまいました。 そこでとりあえず、第1回目だけでもスタートさせましょうということになって、今回の開催の運びとなりました。

一緒に楽しくファシリテーションしてみません?
 ファシリテーション勉強会in福山

お申し込みは、Facebookイベントページからお願いします。
https://www.facebook.com/events/300756190758423/ 

ご参加お待ちしています。

では、またあした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

僕の今の仕事に至るこれまでの経緯を綴って来た「ひとまち物語工房への道のり」シリーズもいよいよ最終回となります。

最終回は、大阪生まれ大阪育ちの僕が福山へ来た理由をお話ししようと思います。

数年前に徳島で開かれた伊勢達郎さんのワークショップでの出会いが、僕を福山へ導いたきっかけです。

3泊4日のワークショップで、約10名ほどの参加者が互いの悩みや夢を深く語り合いました。

そのワークショップに福山から参加していた女性と意気投合し、ふたりは恋に落ちました。

僕はその女性と暮らしたいと思うようになり、妻に打ち明け、離婚を願い出ました。

しかし妻は離婚を拒否し、話し合いは進まないままに、時間は流れました。

僕は人生を諦めて生きていきたくなくて、彼女との暮らしを手に入れるために、妻の元を離れて福山に引っ越してきました。

いま福山で一緒に働く人たちは、そんな僕の事情も知った上で、僕を温かく迎えてくれました。

 

しかし時間の経過とともに福山の女性の気持ちは冷めていき、つい最近、別れを告げられてしまいました。

今とてもとても落ち込んでいます。(T_T)

 IMG_5992

「ひとまち物語工房への道のり」シリーズ最終回は、残念ながらハッピーエンドにはなりませんでした。

でもここから先は、仕事や暮らしの中での日々の出来事や思いを綴っていこうと思います。

どこへ向かうのかまだまだわかりませんが、よろしくおつきあいのほどお願いします。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

大学生の頃から今の仕事に至る経緯を書き綴って、20回目になりました。

こんなに長くなるとは思ってもいませんでした。

 

今僕は、若者の就労支援や受刑者の就労支援のお仕事をいただいて働いています。

また家庭教師や学習塾の講師、通信制高校の講師などもさせていただいて、福山のまちで暮らしています。

あらためてこれまでに経験した仕事を学生時代のアルバイトも含めてあげてみます。

 ・家庭教師

 ・学習塾講師

 ・うどん店店員

 ・スナック店員

 ・測量助手

 ・軽トラックでのお中元の配達

 ・画材卸売業での倉庫内ピッキング業務、発注・仕入れ、営業、営業事務

 ・経営コンサルタント助手

 ・機械器具製造業での営業、総務、採用、安全衛生管理、広報

 ・NPO法人事務局長

 ・大学講師

 ・職業訓練校講師

 ・コンサルタント会社講師

 ・まちづくり支援員

 ・まちづくり講座講師

 ・キャリア開発講座講師

 ・高校生就職支援コーディネーター

 ・就労準備支援センター職員

 ・通信制高校講師

 ・刑務所の就労支援スタッフ

 ・地域若者サポートステーション職員

 

いろいろやってきたもんだなぁと思いますが、まだまだこれからも増えていくかもしれません。

これらの経験も生かしながら、「ワークショップでつなぐ、ひと・まち・しごと・くらし」をテーマに活動を続けて行きます。

 36383577_2512879232271151_7144649419399364608_n

そしてまたあしたに続く。。。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

福山へ引っ越してきて、仕事が見つからず途方に暮れていた頃、これまでの自分の人生を振り返ってみようと思って、自分史の年表を作ってみました。

 

生まれてから今までのさまざまな出来事を年表に記し、写真を貼り、いくつかの転機に考えたことや、その時の気持ちなどを付箋に書いて貼りました。

約3mにわたる年表になりました。

あらためて会社勤めを辞めてからの人生がにぎやかで、いろんなことがあったんだなぁと思いました。

 lifestory

そして福山ビジネスサポートセンター(フクビズ)の起業相談を受けるときに、この年表を自己紹介がてらに持って行きました。

コンサルタントの方からこれは面白いと評価をいただき、これを作って、自分史を振り返るワークショップを開催したらどうかというご提案をいただきました。

そして、NPO法人ひとまちスタジオさんの「せとうち女性みらい大学」で実際にそれを開催する機会をいただくことができました。

 

思えば、福山へ来てからもいろんな人のご縁に導かれて、たくさんのチャンスをいただいて、生かされている奇跡に感謝です。

 

続きはまたあした。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

さて、大阪から福山へ引っ越してきて、なんとか仕事を得て、暮らしを立てられるようになった僕ですが、就職活動と並行して、福山のまちやひととのつながりもつくりたくて、ボランティア活動にも携わらせていただいてきました。

 

ちょうど引っ越してきた頃にOpen Street Fukuyamaというイベントがあり、ボランティアスタッフとしてイベントのお手伝いをさせていただきました。

そこで知り合った方が、困窮している僕を見かねて、実家で採れた野菜を分けてくださいました。

 

また福山市まちづくりサポートセンターで福山市まちづくり人財バンクにも登録させていただきました。

福山市まちづくりサポートセンターでは、ひとまち物語工房と名前が似ているからというご縁でNPO法人ひとまちスタジオさんをご紹介いただきました。

そのNPOでは、こども未来創造大学やロボット教室、就労継続支援事業所、通信制高校など幅広い事業展開をされており、そこで講師をさせていただくことになりました。

 

こうしてたくさんの人に助けられながら福山での暮らしが軌道に乗り始めました。

 IMG_5931

続きはまたあした。

↑このページのトップヘ