こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

ここ数日、「幸せのアンテナ」というタイトルで記事を書かせていただいて、なんかしっくりこない感覚を感じています。

でもそれが何なのかをちゃんと言葉にできなくて…、

 

僕の幸せって何なんだろうということに迫りたくて、試行錯誤しながら考えて、その試行錯誤の過程を書こうと書いてはみたものの、なんか違うと思ってしまっています。

 

幸せのアンテナの感度を上げて、いま自分のまわりにある幸せに気づくことは大切かもしれないけど、でもそれだけで満足したくない自分もいます。

 

いま僕は十分幸せなのかもしれません。

恵まれない境遇に四苦八苦して七転八倒している人と比べれば、幸せすぎるかもしれません。

 

でもそんないまの幸せに満足できていない自分がいます。

幸せは誰かとの比較の中にあるのでしょうか?

自分より不幸な人がいることが幸せなのでしょうか?

そうではないと思います。

 

じゃあ何かめざすものがあるのかと言われると、そうでもないのです。

 

では、何も望むものはないのかというとこれも違う。

いま僕が望むものは、これからの人生をともに生きてくれるパートナー。

それが、いまの僕に足りないもの。

 

足りないものを手に入れることが幸せなんだろうか?

それで幸せになれるんだろうか?

 

自分の欲を満たすことが幸せでしょうか?

 

幸せはどこにあるのでしょう?

たぶん自分の中にあるのでしょう。

自分の中に育むものなのでしょう。

 

自分だけ幸せになればそれでいいのでしょうか?

自分だけの幸せなんてありえないのかもしれません。

 

人とのつながりの中に幸せはあるのでしょうか?

 

あ〜なんだかもやもやぐるぐる。

 

なんでこんなこと考えてんだろう?
どうしたら幸せになれるんじゃろう?
 

 IMG_6633

きょうはもう寝ます。

おやすみなさい。

 

また、あした。