こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

「僕がファシリテーターとして伝えたいこと」シリーズ第5弾!

いつまで続くんだろう?

まだまだ伝えたいことはあるかな?

前回、前々回と対話とか合意形成が大事って言ったけど、具体的なこと何も伝えてないよなとか思いながら、でもこればっかりでもなぁ。

そろそろ話題を変えようかなと思いながら、きょうもお付き合いください。

 IMG_6227

きょうは、ファシリテーターは仕切らないというお話です。

ファシリテーターって、場の進行をバシバシ取り仕切って、落としどころに持って行く人と思っている人もいると思います。

こういうタイプのファシリテーターのことを業界では(?)、「シキリテーター」と言って揶揄することもあるようです。

 

僕自身も落としどころを持って仕切るタイプではなく、その場に集まった人たちが安心して真剣に語り合い、聴き合って、最適解を見つけることをサポートする人でありたいと思っています。

始まるときに答えはありません。落としどころはありません。どこへ向かうかわかりません。どんなプロセスでどんな答えが導き出されるのかわかりません。

そんな場に“頼りないファシリテーター”として立っているのが僕です。

「どうしましょう?」から始めます。

「こうしましょう」とか「こうします」とか言いません。

僕が声をかけて場を動かすのではなく、メンバーの誰かが口火を切って、場が動き出すのを待ちます。

時に長い沈黙が続くこともあります。

でも沈黙は、メンバーひとりひとりがどうしたらいいのか、場にどうかかわるのかを考える貴重な時間であったりもします。

沈黙に耐えられないファシリテーターもいます。

何か話さなければと、メンバーが考える時間をさえぎってしまう人もいます。

 

でも僕は、メンバーの主体性が場に立ち現れるのを信じて待ちます。

いつでもどんなときでもそうするというわけではありませんが、これが僕の基本的な姿勢かなと思います。

 

ワークショップデザイナー仲間の間では、僕は「待てる男」と呼ばれています。

ワークショップデザイナーの研修の中では、何度かメンバーを変えてチームを組んでワークショップの企画や運営に取り組むのですが、個性の強いファシリテーターたちが意見を闘わせ、チームがなかなかまとまらない中、なぜか僕が入るチームはうまく行くと言われていました。

“頼りないファシリテーター”の効用かもしれません。(笑)

 

チームの力を信じて待つこと、沈黙を恐れずに待つことが僕のファシリテーションスタイルになっているのかもしれません。

 

では、またあした。