ひとまち物語工房

キャリアカウンセリングとまちづくりの仕事をしている「ひとまち物語工房」の働き方や暮らし方を綴ります。

先日、屋号の「ひとまち物語工房」について書かせていただきましたが、そこに至るまでにはいろんなことがありました。
そしてこれからもまだまだ変化、進化していくつもりですが、今の僕の働き方に至るまでの道のりを何回かに分けて書いてみようと思います。

 話は大学受験にまでさかのぼります。
高校3年生の頃、僕は物理学に興味を持っていました。
そして物理学を学べる学部をめざして大学受験をしましたが、失敗に終わり、浪人確定という時期に、新設の学部ができて、通常の大学の試験が終わった後に、入試がありました。
その学部には興味はなかったのですが、親の勧めで受験し、 通ってしまいました。
せっかく通ったのだし、浪人させる経済的余裕もないからもうその学部に行っておけという親に押し切られて、その学部に入学することにしました。
そして、そこから「一体自分は何をしたいのだろう?」と悩める日々がはじまりました。 

続きはまたあした。^^

koukou
写真は高校3年生の僕。
 

ブログを始めて3日目。
きょうの福山はいいお天気です。
もう書くことに詰まってきました。(^o^);;
自己紹介のネタはまだまだいろいろありますが、何から書こうかとまとまりがつかず…

昨日から喉が痛くて、風邪をひいてしまったかも?
季節の変わり目で、まわりにも風邪をひいたり体調を崩されている方が増えています。
みなさまお気をつけください。
きょうはマスクをして、仕事に行ってきます。 
 IMG_5915

「ひとまち物語工房」という屋号でお仕事をさせていただいています。
ひととまちの物語を紡ぎ出していく仕事をしたいという想いからつけた名前です。
人の中にある物語をじっくりと聴き出し 、未来へ向けての物語を一緒に紡ぎ出していくのがキャリアカウンセラーのお仕事。
 ひととまちのかかわりの物語を対話と合意形成で形にするのが、まちづくりのお仕事。
キャリアカウンセラーとまちづくりファシリテーターの仕事をワークショップという手法を使ってさせていただいています。
IMG_5451
 

↑このページのトップヘ