ひとまち物語工房

キャリアカウンセリングとまちづくりの仕事をしている「ひとまち物語工房」の働き方や暮らし方を綴ります。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

最近ちょくちょく泣いています。

それも仕事中に。

 

なにしとんねん!?

って思われるかもしれませんが、気持ちが揺れて涙があふれることがあります。

 

大学の就職支援のカウンセリングでの話。

詳しくはお伝えできないですが、学生が自分の進路を選ぶ基準に悩んでいるという話を聴きました。

家族や先生や友人からも意見をもらい、何を基準に決めたらいいかわからなくなっているようでした。

 

いくつか考えられる基準の選択肢を提示しながら、自分が大切だと思うことを選んでもらうと、悩んでいるという割にはすらすらと選び出していきます。

 

そして、その理由を深く聴いていくと、突然言葉に詰まり、涙があふれ出しました。

しばらく涙を流して、沈黙のあと、その涙の理由を聴きました。

 

そこにはその学生が大切にしたい人への温かい気持ちがありました。

 

聴きながら僕の心も揺れて、涙がこぼれました。

温かい涙でした。

 IMG_7150

 

もうひとつは、刑務所での就労支援のカウンセリングでの話。

 

出所間近の受刑者の将来の夢を聴かせていただきました。

 

その方は、自分の弱さを認め、その弱さを互いに支え合いながら、働くことが好き、やっててよかったと思える仕事ができる会社をつくり、自分と同じ立場の人間を雇い入れてサポートしたいという話をしてくださいました。

 

そしてそれを実現することで、社会に貢献したいというような格好のいいことではなく、自分も救われたいという思いもあるということも語ってくださいました。

 

さらにその考えに至る経緯も聴かせていただきました。

自分が否定したいという辛い過去のお話でした。

 

淡々と語るその姿には、過去への後悔から生まれた覚悟と誠意と意欲と決意が見て取れました。

 

聴くうちに僕の目に涙があふれました。

その方の語りから感動と勇気をいただきました。

 

こんな物語に出会えることに感謝しつつ、その方々の物語をしっかりと応援できる自分でありたいと思います。

 

そしてさらに自分も人の心を揺らすような物語を持つ人間に成長したいと思う今日この頃です。

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

最近ブログをサボっていますが、生きてますよ〜。(笑)

書くことが何もないわけでもないのだけど、ちょっと充電中あるいはバージョンアッププログラムインストール中みたいな感じかな?

あるいは5月病?

忙しくて少し疲れ気味だけど、元気ではありますので、ご心配なく。(^o^)v

 

きょうは明日開催のOPEN STREET FUKUYAMA vol.4 3回公開企画会議のお知らせです。

 

第1回は、初顔合わせのチームでイベントの企画アイデアを出す練習をして、そこから自分がやりたい企画を参加者全員にプレゼンしてもらって、近いアイデアの人とチームを作りました。

 

2回は、フィールドワークでOPEN STREET FUKUYAMA の舞台を見に行き、現場のイメージをもとに第1回で出たアイデアをチームで具体化していく作業をしました。

毎回30名近い方々が集まり、楽しく熱く語り合っています。(^o^)v

 60784797_2338336823091856_2255807301640257536_n

そして、明日の第3回は、各チームのアイデアをさらに具体化してプレゼンしてもらい、全員でスケジュールと会場の調整をして、みんなでひとつのイベントを作り上げるチームとなることをねらいとしています。

 

そのためのスタッフの打ち合わせを昨夜遅くまでしていました。

みんな昼間や夕方の仕事を終えてから集まり、議論を重ねて、進行案を練りました。

 

さて明日が楽しみです。

まだまだ初参加の方も大歓迎です。

どなたでもお気軽にご参加ください。

https://www.facebook.com/openstreetfukuyama/

 

みんなで楽しい企画を作りましょう!

みんなで楽しい会議を作りましょう!

 61110095_2338336596425212_216318488879300608_n

あっ、僕がファシリテーター務めさせていただきますぅ。(^o^)v

僕の生存確認をしたい方もどうぞお越しください。(笑)

こんにちは、ひとまち物語工房の服部です。

 

最近ブログをサボり気味なのは、少し体に疲れが溜まっているのとなんだか心が落ち着かないからなのかな?

 

でもまあそんなこんなのうちに、思えば福山へ引っ越してきて暮らし始めて1年が過ぎました。

 

好きになった彼女と暮らしたい一心で、一度きりの人生、後悔はしたくないと思い切って、家族も仕事も人脈も失って、福山へ来ました。
 

それなのに彼女に振られてしまい、途方に暮れました。

 

まずは一人で住むところを確保して、就職活動を始めましたが、いくつもいくつも不採用になり、わずかなお金も底をつきかけたとき、単発のアルバイトを紹介いただいたり、冷蔵庫や洗濯機や電子レンジを譲っていただいたり、そしてこんな僕を福山に来た理由も知った上で雇ってくださったりと、いろんな人に助けていただいて、今の暮らしがあります。

 

まだまだ暮らしに余裕はありませんし、途方に暮れたままかも知れませんが、なんとか生きながらえていることに感謝して、人生の立て直しを図りたいと思います。

 

どうなることやら…。

 

福山にいる理由は無くなりました。

とはいえ、どこか他のまちへ行ってまた一から仕事をつくるのは、たとえ古巣の大阪であっても難しいように思います。

 

どこか行きたい土地があるわけでもありません。

これからの暮らしを共にするパートナーが欲しいです。

 IMG_7093

ばらのまち福山は、今週末のばら祭りに向けてばらの花が、まちじゅうで咲き始めました。

僕の恋も人生もこのまちで咲きますように。

 

そんな気持ちのきょうこのごろ。

↑このページのトップヘ