ひとまち物語工房

キャリアカウンセリングとまちづくりの仕事をしている「ひとまち物語工房」の働き方や暮らし方を綴ります。

こんにちは、ひとまち物語工房のはっとりです。

年が明けましたね。

旧年中は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

昨年、病に倒れ、その間に考えたことを

「病を通して感じたこと考えたこと思ったこと」シリーズとして、

このブログに書き綴ってきました。

 

その中で少し経緯は書かせていただきましたが、これまでの仕事を振り返り、これからの仕事を考えました。

そして、これからの僕の使命として、新たな目標を立てました。

その目標とは、「誰もが自分らしさを活かして、いきいきと働き暮らせる社会を創る」というものです。

 project01

今年の目標というわけではありません。

とてもとても大きな目標です。

何年もかかるかもしれません。

 

でも、僕がこれまでに体験してきたことや学んできたことをすべて注ぎ込んで、

共感してくれる仲間とともに実現に向けて歩んでいきます。

 

これまでの活動や仕事でご一緒させていただいた方々、

僕の人生にたくさんの感動をプレゼントしてくれた方々、

今でも時々連絡をくれる信頼できる教え子たち、

いまこのブログを読んでくださっているあなた、

これから出会って共感いただける方々、

どうぞよろしくお願いします。

 

僕はこれまでの仕事で、発達障害やひきこもり経験など生きづらさを抱える若者たちの就労支援にかかわらせていただいてきました。

コミュニケーションが苦手だったり、動作がぎこちなかったり遅かったりして、今の社会の中では、なかなか就職が難しい彼ら彼女らだけれど、みんなそれぞれに素敵な個性を持っていて、かかわりの中でその感性や純真さや純朴さに触れ、たくさんの感動をもらってきました。

 

そして、一応社会に適合できている人も職場や学校の中で、人との関係に悩み、心を痛め、挫折する人も多い今の世の中で、釈場や学校に適合できなくても僕たちに感動さえ与えてくれる彼ら彼女らが持つ感性や純真さや純朴さこそが、これからの誰もが暮らしやすい社会を創るために必要なのではないかと思うようになりました。

 

彼ら彼女らが生きづらさを抱えながら内に秘めた思いをもっと理解したいと思います。

彼ら彼女らの感性や個性を見出し、そのままの彼ら彼女ららしさを表現し、発信し、社会につないでいく場を創りたいと思います。

 

――――――――――――――――――――――――――

未来のある日。

ひげのおじいさんから聞いた話です。

 

「その昔、人はお金を求めて血眼になって競争していた時代がありました。

太鼓から未来永劫に続く時間の中で、どれだけ短時間にたくさんのお金を稼げるかが人の評価基準になっていました。

 

そんな社会の中で、人は競い合い、遅い人、稼げない人を差別し、排除し、傷つけることで勝ち抜いて生きていこうとしていました。

お金と時間に縛られて暮らしていました。

 

やがて人は気がつきました。誰も幸せになっていないことを。

 

だんだんそのことに気づく人が増える中で、その時代に評価されてこなかった遅い人やお金を稼げない人の持つ純真さや純朴さ、心の美しさに目を向ける人が現れました。

 

そしてその人は、遅い人や稼げない人が持つ心こそが幸せな社会を築くヒントになると考えました。

誰もが幸せに暮らせる社会を創り出すために、遅くて稼げない彼ら彼女らの心の声をもっと聴きたいと願いました。

コミュニケーションが苦手な彼ら彼女らの心の声を聴き出すのは簡単ではなかったけど、根気よく様々な方法でコミュニケーションを試み、彼らの心の声を言葉だけでなく、絵や音楽や詩や物語や工芸、身体表現など様々な方法で聴き出し、一緒になって表現し、発信し始めました。

 

彼ら彼女らの心が、その表現が、周りの人に優しい気持ちや幸せな気持ちを伝え、彼ら彼女らの声を聴きに、表現を観に集まる人が少しずつ増えてきました。

 

彼ら彼女らは、今も遅いしお金を稼ぐのもコミュニケーションも苦手なままです。

でも彼ら彼女らは、自分らしく心をふるわせながらその心を表現し続けました。

 

その周りには、その心に耳を傾け、目を凝らし、共鳴し、共振する人たちが集まってきました。

彼ら彼女らの心の表現に癒され、支えられながら、互いに支え合うコミュニティが広がっていきました。

 

これが、ここのコミュニティの始まりの物語さ。」

おじいさんが嬉しそうに大きな目に涙を浮かべて笑いました。

―――――――――――――――――――――――――

 

僕は今年、このコミュニティづくりの第一歩を大阪で踏み出そうと考えています。

実は、昨年の入院中から少しずつ考え始めていました。

大阪で一緒にお仕事をさせていただいていたNPOの方とも病室からメッセンジャーで連絡を取りながら相談に乗っていただいて、構想を練ってきました。

そのNPOのイベントに出かけて行って、以前かかわらせてもらっていた彼ら彼女らに再会することもできました。

少し成長していた彼ら彼女らにまた感動をもらってきました。

 

まだ企画書は書き始めたばかりで形になっていませんが、彼ら彼女らの心の声を聴き、その個性を見出し、表現し、発信していくアトリエのような場を創りたいと思います。

すぐには事業にはならないでしょうから、まずは自分の生計を立てるための仕事を見つけて、住む場所を見つけて、一から始めていきます。

僕が培ってきたワークショップデザインやファシリテーションやカウンセリングのスキルを総動員して、共感してくれる仲間の力も借りて、新たな目標に向かって、歩み始めます。

 

新たな年のスタート!

みなさまにも良い年になりますように\(^o^)

こんにちは、ひとまち物語工房のはっとりです。

今年一年お世話になりました。

 IMG_7919

福山で暮らしはじめて1年半余りになります。

昨年から今年にかけて、僕には大激動の時期でした。

 

昨年、好きな人と暮らしたくて、家族と別れて、仕事も辞めて、大阪から福山へ引っ越して来て、

一から住むところと仕事を探して、福山に来てから出会った人に助けてもらいながら、

日雇いのバイトから始めて、

それなのに好きな人に振られてしまって、落ち込んで途方に暮れて、

それでもなんとか仕事も安定してきて、ようやく落ち着いてきたところで病に倒れました。

 

それでも今こうして振り返ってブログを書けるのも、たくさんの人と奇跡に助けていただけたから。

 

お金も仕事もないよそ者の僕に仕事を紹介してくださったり、イベントに誘ってくださったりした方。

生活困窮状態の僕に野菜や家電製品を譲ってくださった方々。

 

病に倒れた時に僕を助けてくださった方々。

難しい手術をして僕の命をつないでくださったお医者様。

入院治療生活を支えてくださった看護師や理学療法士、作業療法士をはじめ病院のスタッフの皆さん。

 

近くからも遠くからもお見舞いに来てくださった方々。

Facebookやお手紙などで励ましや応援の言葉をくださった方々。

ハグしてくれた方々。←特にこれすごく嬉しかったです。

 

退院後は、僕の状況を理解した上で、仕事の曜日や時間の調整をしてくださって、僕を気遣ってくださり、僕が働き続けることを助けてくださった職場の皆さん。

僕のカウンセリングやセミナーを受けてくださった皆さん。

 

そしてそして、今このブログを読んでくださっているあなた❣

ありがとうございます💕

 

おかげさまで、この激動の時期を乗り越えて、元気に年の瀬を迎え、新たな目標とともに新しい年を迎えることができそうです。

本当にたくさんのきらきら輝くような奇跡とご縁に感謝感謝の大晦日となりました。

ありがとうございました。

 

また来年も自分にできることを、頑張ってやっていこうと思います。

新たな目標につては、年が明けてから書きますね。

来年もよろしくお願いします。(^o^)

 

こんにちは、ひとまち物語工房のはっとりです。

 

10連休に突入して、どこに行く予定もなく、ひま〜

というわけでもなく、

 

抗がん剤治療期間中だし、寒いし、

ずっと布団の中にいたいという気持ちもちょっとはあるけれど、

 

確かに抗がん剤服用中はちょっと疲れやすくて、

昼間も寝ていることもあるけれど、

 

その実態は?

きょうはお天気がいいので、朝からお洗濯してましたよ。

僕がいま暮らしているワンンルームマンションの部屋は、南側にベランダがあって、

冬でも晴れた日には暖かい日差しが差し込みます。

きょうも9時頃から13時頃までは日が射して、室内は暖かく、半袖Tシャツでも過ごせるくらい。

 IMG_7916


きょうはその暖かい間に楽しい妄想してました。

いやらしい妄想じゃないですよ。(笑)

来年からのお仕事を創るための企画をワクワクしながら考えてました。

 

もう少しまとまってきたら、発表しようかな?

10連休中にまとまるかな?

もうちょっと時間かかるかな?

 

そんなことを考えながら、ふと傍らの本に目をやると、

今年は病をきっかけに、今まで出会うことのなかった本にも出会えたな。

 IMG_7918

 

それもきょうの妄想にも影響してるんだなぁと感慨深い年の瀬です。

10連休ぜんぜん暇じゃないよ〜。(^o^)v

↑このページのトップヘ